2013年05月08日

臨時休業のお知らせ

5月11日(土)、12日(日)は、
誠に勝手ながら休業させていただきます。

天使のつまみぐいスタッフ



posted by 天使のつまみぐい STAFF at 12:35| スタッフからのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

4月のメニュー

こんにちは  4月のメニューを紹介します。

天使のつまみぐいコース   ¥1890


オードブル

ミネストローネ

パン

白身魚の香味ソース

苺のチーズケーキ

コーヒー


IMG_3967.jpg

IMG_3970.jpg

IMG_3976.jpg


IMG_3966.jpg


カフェやレストランにとって、料理に匹敵するくらいのウェイトを置くのがパン。
ともすると、お店全体までも評価されるほど恐ろしい存在。
私達が毎日食べるごはんへのこだわりと同じだと思うのです。

天使のつまみぐいでお出しするパンは、オープン当初からお客様に
美味しいと言うお声をたくさんたくさん頂ける、自満のフランスパンです。
美味しいわけは、出来たてのパンをすぐ冷凍したものを
食べる前に業務用オーブンでじっくり温めなおすからなのです。
残念ながら、家庭用の電子レンジやトースターでは
外がカリッカリッ中がふんわりの食感は出せないのです。

ホテルの朝食バイキングにずらりと並ぶ和洋中印の料理の数々。
皿数は豊富でも、パンにこだわるお店はなかなか少ないようです。
あれもこれもと手を伸ばし、結局食べきれずにいると
「残すんだったら最初から少しにしなさいよ」と呆れる娘・・・。
何よ、そっちは野菜は一つも取らず、デザートばっかりじゃない・・・。

ローマの小さなホテルの朝食はクロワッサン、ハム、コーヒーと質素。
旅行中の食事で印象に残っているのが、このサックサクのクロワッサンだけ。
紙ナプキンにこっそり包んで、部屋へ持ち帰ったわたし・・・。
おとぎの国ようにあちこちに立ち並ぶジェラート(ねばり気のある
アイスクリーム)の誘惑に、翻弄されっぱなしの幼かった娘・・・。




posted by 天使のつまみぐい STAFF at 20:21| メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

3月のメニュー

こんにちは   3月のメニューを紹介します。

天使のつまみぐいコース   ¥1890


オードブル

キャロットスープ

パン

ポークカツレツ

ババロア フルーツ添え

コーヒー

IMG_3911.jpg

 

IMG_3908.jpg

 

IMG_3909.jpg

 

IMG_3904.jpg



ふる里 錦江町(旧 大根占町)では、「でばい」という春の一日行事がありました。
おそらく語源は「出張る」からだと思うのですが、何処へ出張るかと言うと
近所のひなびた公民館へ。
眺める花はどこにも見当たらなかったけれど、お花見の前身ではなかったかと。
割烹着姿の女性は、一斉に煮しめやちらし寿司の炊き出しに取り掛かり、
三々五々集まる男性は、車座で酒を酌み交わし、なんこ(鹿児島の遊び)に興じ、
子供たちは、お腹を満たしながら外ではしゃぎまわり、日がな一日を過ごしたもの。
田畑仕事に取り掛かる前の、老若男女が集う、春の陽気に包まれた光景。
そう  ほのぼのとした昭和の思い出。

なんこ とは?
二人向かい合い、それぞれ3本の竹串を後ろ手に隠し持ち、
一斉に出した二人の合計本数を当てる、酒席での遊び。
0本・・おいやらん(誰もいない)             1本・・天皇陛下  
2本・・げたんは(下駄の歯)  3本・・いんのしょんべん(犬のしっこ)  
4本・・かやんついて(蚊帳の吊り手)             5本・・片手  
6本・・けねじゅ(家族皆)
約束事として、勝った方負けた方のいずれかが焼酎を飲める(飲まされる)。

田舎から頂いた大根足よりも太いおふくろ大根を5mmの短冊にし
寒風にさらし、天日干しすること2カ月。  いい具合に乾燥して。
さあ 切干大根、コサンダケ、鶏肉を味噌醤油みりんでくたくたに煮しめ
満開の桜のもとで、花びらを浮かべたお湯割の焼酎といただきましょう。 

posted by 天使のつまみぐい STAFF at 17:24| メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。